就労移行支援は2年までって本当?3年以上に延期はできないの?

未分類

就労移行支援を利用したいと考え、様々な場所で情報収集をしている人はたくさんいるでしょう。

その中で、

「就労移行支援は2年まで」

という説明を受けたり、記述を見たりした人も多いと思います。

 

では、本当に就労移行支援は2年までしか受けることができないのでしょうか?

3年以上継続したい場合はどうすればいいのでしょうか?

この記事で詳しく見ていきましょう。

 

就労移行支援の利用期限は原則2年

結論から言ってしまうと、就労移行支援は2年の利用期限が設けられています。

こう聞くと、

「事業所ごとに違いがあるでしょ?」

と思う人がいるかもしれませんが、これは全ての事業所共通の期限となっているため、基本的には2年経過するまでに就職しなければならないのです。

 

就労移行支援を3年利用できるケースとは?

今解説したように、就労移行支援は基本的に2年間しか利用することができません。

ただ、一定の条件を満たし、審査に通った場合に限り3年間利用できるようになるのです。

では、その条件について詳しく見ていきましょう。

 

「延長したい」という本人の意向がある場合

サービスの延長利用をする場合、本人に延長の意思があることが物凄く大切です。

利用を開始してから2年が経過するかしないかのタイミングで、

「延長したいですか?」

という内容の書類が手元に送られてきます。

 

延長したいという強い意志がある場合には、その旨をスタッフに相談してみましょう。

自分にも意思があり、スタッフからも「延長するべきだ」と感じてもらえた場合には、事業所が延長に必要な書類を提出してくれます。

 

2年間の間に利用を中断していた場合

何らかの理由により、途中で利用を中断していた場合、再度利用を開始することができます。

例えば、1年間サービスを利用し、その後1年間利用を中止していた場合、利用日から3年目に該当する翌年でも利用を再開できるのです。

 

ただし、再度利用を開始したからといって期限がリセットされるわけではなく、仮に1年間すでに利用している場合は、残りの期限が1年になってしまいますので注意しましょう。

 

就労移行支援の延長審査に通らなかったらどうすればいい?

先ほども解説したように、就労移行支援の利用を延長する場合は、行政が行う審査に通過する必要があります。

仮に審査に通らなかった場合は、一体どうすればいいのでしょうか。

 

就労継続支援に移行する

もし延長審査に通らなかった場合は、就労継続支援で働くことをおすすめします。

就労継続支援では、福祉的就労になりますので、お金を稼ぎながら社会に出る訓練をしていくことが可能です。

 

もちろん、いきなり働く形ではなく、数日間通ってから正式に働くかどうかを決定することができるため、まずは体験してみると良いでしょう。

 

就業生活支援センターからサポートを受ける

「就労移行支援の延長はできなかったけど、諦めずに就職を目指したい」

という場合には、就業生活センターからのサポートを受けながら、継続して就職活動を行っていきましょう。

 

ここで注意しなければならないのは、就業生活支援センターに毎日通うことはできないということです。

基本的には担当のスタッフから定期的に連絡が来て、そこで相談に乗ってもらったり、アドバイスをもらったりという形になります。

 

障がい者職業訓練センターを利用する

就労移行支援の延長審査に落ちてしまった場合は、障がい者職業訓練センターにて引き続き訓練を受けることができます。

ただし、この場合は毎日通うことはできず、いくつかのコースを選択し、短期間で訓練を行っていく形になるのです。

 

2年という期限が設定されていることのメリット、デメリット

就労移行支援を受けたいと考えている人や、就労移行支援を利用してから2年が経過しそうな人の中には、

「なんで2年間しか受けられないの?」

という疑問を抱えている人もいるでしょう。

 

そこで、就労移行支援に2年という期限が設けられていることのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

 

メリット

就労移行支援に期限が設けられていることで、利用者が目的をもって訓練を受けることができるようになります。

仮に無期限だった場合、

「時間はたっぷりあるから大丈夫」

と思ってしまいますよね?

 

しかし、2年という期限が定められていれば、

「できるだけ効率的にスキルを身につけなきゃ」

「早く就職を成功させよう」

という気持ちを持つことができるでしょう。

 

あらかじめ期限が設定されていることにより、目的を明確にして高いモチベーションを維持しながら訓練できるというメリットがあるのです。

 

デメリット

就労移行支援に通っている人の中には、2年で目標となる「就職」を達成することが難しい人もいるでしょう。

このような人にとっては、「焦り」の原因になってしまう可能性があるのです。

 

そのため、

「時間をかけてゆっくりと訓練をしていきたい」

と考えている人にとっては、2年という縛りがデメリットになってしまうこともあります。

 

就労移行支援の「2年」を有効活用する方法

就労移行支援の利用期限を過ぎても、様々な方法で就職活動を続けていくことができます。

とはいえ、できれば2年間の間に就職先を見つけて次のステップに移りたいですよね?

では、一体どうすれば就労移行支援の2年という期限を有効活用して、効率的に就職活動を行っていけるのでしょうか。

 

できるだけ早めに準備を整えて2年経過する前に就職する

2年という期限を有効活用するためには、様々なことを前倒しで行っていくことが大切です。

そうすることで、就職をするための準備が整い、インターンシップや実習先で評価してもらうことができ、早めに就職できる可能性が高くなるのです。

 

時間の使い方を定期的に見直し、改善する

2年というのは長いようでかなりあっという間です。

そのため、目標や目的を設定せずにダラダラと過ごしていると、あっという間に利用期限になってしまいます。

 

そうならないためには、スタッフとこまめに連携を取って、時間の使い方や課題などを常に可視化していくことが大切です。

 

まとめ

就労移行支援には2年という期限が設けられています。

3年に延長することもできるのですが、そのためにはいくつかの基準を満たし、審査に通る必要があります。

 

また、仮に審査に通らなかったとしても様々な団体のサービスを受けることができますので、就職活動や社会復帰活動を続けていくことが可能です。

 

とはいえ、理想は就労移行支援の2年間で就職や社会復帰をすることですので、先ほど紹介したポイントをしっかりと押さえて、サービスを有効活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました