就労移行支援を受けても就職できないことがある?原因と対策を徹底解説!

未分類

就労移行支援を受けたいと思っている人の中には、

「絶対に就職できるのかな?」

という疑問や不安を抱えている人も多いです。

 

結論から言ってしまうと、就労移行支援を受けたからと言って100%就職できるとは限りません。

この記事では、就労移行支援を受けても就職できない原因と、その対策について詳しく解説していきます。

 

就労移行支援を受けても就職できない原因は?

では早速、就労移行支援を受けても就職できなくない原因について詳しく見ていきましょう。

 

定期的に通えていない

就労移行支援に通っている人の中には、遅刻や欠席が多い人もいます。

このような場合、

「このまま企業に送り込んでも、欠席や遅刻を繰り返してしまうかもしれない」

と判断されてしまい、スタッフからのGOサインが出なくなってしまうことがあるのです。

 

また、企業側も仕事ができる、できない以上に「しっかりと出社してくれるのか」を重視する傾向にあります。

このようなことから、安定した通所実績がないと中々就職が決まらなくなってしまうのです。

 

業種や条件を絞り込みすぎている

就職をするためには、自分の希望する業種や条件などをある程度絞り込む必要があります。

ただ、極端に業種や条件を絞り込みすぎてしまうと、自分に合った企業を見つけることが困難になってしまうのです。

 

好きなことを仕事にしたいという気持ちはよくわかります。

ただ、スムーズに就職を成功させたいと思っている場合は、企業側に譲歩する気持ちも重要です。

そのため、自分の中で絶対に譲れない条件と、会社側に譲歩しても良い条件をもう一度整理してみることをおすすめします。

 

就職活動に消極的

就職活動というのは、主体的に動いていかなければ成功しません。

中には受け身の姿勢を取ってしまっている人もいるのですが、働きたいという熱意を全面的に出していくことができなければ、企業側にも評価してもらえなくなってしまうのです。

 

面接で自分のことを説明できない

障がいを持っていたとしても、病気を抱えていたとしても、受け入れてくれる企業はたくさんあります。

ただ、企業側もその人がどのような障害、病気を持っているのかを把握したいと考えています。

 

この時に、自分の症状を正しく説明できない場合は、企業側も不安になってしまうため採用を見送られてしまう可能性が高くなるのです。

 

そのため、面接に行く前に自分がどのような障がいを持っているのか、どのような症状なのかということをできるだけ具体的に説明できるようにしておきましょう。

 

就労移行支援を有効活用して就職する方法は?

次に、就労移行支援を有効活用して就職する方法について詳しく解説していきます。

 

自分で目標や目的を決める

就労移行支援を有効活用するためには、自分で目標や目的を決めて生活することが大切です。

というのも、就労移行支援には2年という期限が設けられていますので、目的や目標がないまま生活していると、時間ばかりがどんどん過ぎてしまうのです。

 

目標や目的を自分で設定し、それに向かって努力していくことができれば、少しずつスキルアップしていくことができますので、就職成功に繋がっていくでしょう。

 

質の高い就労移行支援事業所を選ぶ

就労移行支援事業所には様々な種類があります。

それぞれの事業所でカリキュラムも違いますし、雰囲気やサポートも異なります。

 

そのため、自分に合った質の高い事業所を選んで通所することが大切です。

そうすることで、ストレスを軽減しながら楽しく訓練を行うことができますし、事業所からのサポートを受けながら、自分に合った就職先を見つけていくことが可能になるでしょう。

 

自分に合った事業所を見つけるためには、いきなり入所の手続きをするのではなく、まずは体験してみることが大切です。

そうすることで、実際の雰囲気などを自分の目で確認することができるため、安心して通うことができるようになります。

 

規則正しい生活を意識する

就労移行支援の力を借りて就職を成功させるためには、規則正しい生活をすることも大切です。

規則正しい生活をすることができれば、体調面においても精神面においても健康を保つことができますので、安定して通所することが可能になります。

 

安定して通所できるようになると、スタッフからも評価してもらえるようになりますので、就職活動を全面的にバックアップしてもらえる可能性が高くなるのです。

 

自分の障がいや症状を説明できるようにしておく

先ほども解説したように、面接時に自分の症状を説明できないと、不採用になってしまう可能性が高くなります。

企業側は、こちらの症状や障がいなどを加味してどの仕事を割り振ればいいのかを検討しています。

 

具体的な症状などを伝えることができないと、企業側もどのように仕事を割り振ればよいかわからなくなり、不安を抱えるようになってしまうのです。

このような状態にならないためにも、

・自分ができることとできないこと

・サポートが必要なこと

などをできるだけ具体的に説明できるようにしておきましょう。

 

無断欠席や遅刻などをしない

就労移行支援を受けている人の中には、無断欠席や遅刻をしてしまう人もいます。

どのような理由があっても、何も言わずに休んだり、遅れたりするのは社会人としてあるまじき行為です。

 

基本的には欠席をしない、遅刻をしないという意識を持つことが大切ですが、場合によっては体調面の理由などで欠席や遅刻をしてしまうこともありますよね。

そのような時は、できるだけ早くスタッフへ連絡を入れて、理由の説明と謝罪を行うようにしましょう。

 

このような小さいことの積み重ねが、社会人としてのスキルアップに繋がっていき、就職を成功させやすくなるのです。

 

まとめ

就労移行支援を受けても100%就職できるとは限りません。

場合によっては、不採用が続いてしまうこともありますし、就労移行支援の期限となっている2年を過ぎてしまうこともあるのです。

 

このようなことを防ぐためには、今の考え方や習慣を見直していく必要があります。

今回紹介した「就職できない原因」に1つでも思い当たる節があるのであれば、1つずつ改善していくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました